ちびママの日記

猫と暮らせなくなったら

猫が好きでずっと一緒に暮らしたいと思って迎えても

思いもかけないことで、飼養が難しくなってしまうということがあります。

仕事上の時間の制約だったり転勤だったり、子どもが生まれたらアレルギーだったり

自分が病気をしたり、様々なことがあるのが人生です。

でもだからと言って、猫を捨てたりするのはあまりにも非道ですよね。

ましてや保健所に殺処分の可能性があるのに置いてくるなんて・・・

でも、里親さんを探す時間がなかったり、緊急の場合でどうしようもない

ことがあるってことも現実です。

そんなふうに、殺処分の予定で連れてこられた子が何匹かうちにいるわけですが

飼い猫であった子は、他の野良猫出身の子とはやはり違いがあります。

人に不信感を抱いていない子が多いのです。

この高齢猫専門移住受入施設ちびママの家を開設したのは

猫を飼ったら準備してほしいなぁということがありました。

もしもの時に備えて、受入施設があったなら選択の道が増えると思うのです。

もちろん有料ですから、それなりにかかりますが、でも最期まで看取れたなら

貯めておいた「猫貯金」はそのまま残るのですから旅行に行くなり

何か好きなことに使えば良いと思うのです。

人はいつまでも元気じゃない。

本当なら飼い主さんの元で最期を迎えるのが1番なわけですが

何が起こるのか分からないのが人生なんですよね。

高齢猫専門移住受入施設ちびママの家では、入院中などの不測の事態のときなど

一時預かりもしております。

関連記事

  1. cat2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年8月
« 7月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP