ちびママの日記

野良猫の相談

今日、知人からこんな相談を受けました。

怪我をした猫がいる。どうしたら良いか?と。

実は最近も同じ相談を受けました。

こういった場合、ケースバイケースだと思うんですね。

だから、私ならこうするけど。。。ということを伝えます。

懐いている子なら、さくさく捕まえて病院に連れていきます。

治療の時に、不妊手術が済んでいるか獣医さんに確認してもらいます。

明らかに野良猫なら迷わず手術をしてリリースしますが

体調が悪く安静が必要な子なら、治るまで保護して万が一

飼い猫だといけないので、保護している旨を警察と保健所に報告しておきます。

近隣のスーパーなどに保護しているチラシなども貼らせてもらいます。

というようなお話をするのですが、意外と皆さん迷われます。

保護する場所と費用のことはどうしても気になるところではありますよね。

でも放っておけないなら、何かは被らないといけないです。

保護場所がないなら、一時預かりをしてくれるところを探すとか

ボランティアさんでも、保護している間の食費やトイレの砂とか負担は

かけないのでお願いしたいと申し入れれば、預かってくれるかも知れません。

もちろん状況によると思います。

どうしても見捨てておけないけど、何もかも誰かにお願い!はナシです。

大人の言うことではありません。

気になって気になって心配で仕方がないのなら行動した方がはるかに楽です。

こうしなければいけない!という話を私はしません。

訊かれれば、私はこうします。としか言えないのは、みんな生活や抱えている

状況や環境が違うからです。

うちもそんなこんなで10匹の猫たちが暮らしているのですが

いつも思うのは、あの時この子が助かって良かったとの思いが大きいのです。

まあ、全員が懐っこい子ではなく数年もいるのに、未だに触らせてもくれない

生粋の野良猫もおりますけれど~💦

触れないしげこさん。

関連記事

  1. cat2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年8月
« 7月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP