ちびママの日記

最期の時間

今日、ミルキーがにじのはしへと旅立ちました。

先月のぶおを看取ったばかりなのに・・・

でも実はのぶおよりミルキーの方が長く病んでいて、いつどうなっても

不思議はなかったのです。

ここ数週間の間、私はミルキーと共に過ごしました。

自宅と会社、どちらに来ても連れ歩き毎日獣医さんに診察をお願いし

ここ数日はかなりの量の補液などもしていただいていました。

朝は会社に同伴出勤し、夜は自宅で私の枕元で寝かせていました。

ミルキーに異変が現れたのは6月頃でした。

大量の鼻血で部屋がまるで傷害事件の現場のようで・・・血だらけ。

猫の鼻血はあまり良くない場合が多いのですが、そもそもミルキーを

拾ったのは某お寺で、両耳が扁平上皮癌に侵されているのを見て

住職にお話をしてすぐにもらい受けて来たのです。

1度目の手術のあと再発

2度目の手術で両耳を根元から切除したのでした。

その後経過もよく、度々していた血液検査の数値も良くて安心していたのですが・・・

保護された仔猫が来るとお世話をしてくれたミルキー

お部屋仲間のルドルフコマルトンとは特に仲良しでした。

夕暮れの気配が漂い始めた3時少し前

ミルキーを神さまにお返しして来ました。

ペット火葬室でミルキーとお別れをして外に出ると

頬にあたる風が秋の訪れを教えてくれているようでした。

もう・・・会えない・・・ミルキー

あまりにも切な過ぎて・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP